本文へ移動

檜(ひのき)の家づくり 5

 Vol.1 | Vol.2 | Vol.3 | Vol.4 | Vol.5 | Vol.6 | Vol.7 | Vol.8 | Vol.9 | Vol.10 |

「木」は日本の気候に合ってます。

1.結露に強い木

  日本の気候は夏は高温多湿、冬は低温低湿となる傾
  向が あります。湿気を出したり吸ったりする木の性質
  は、結露の問題を考え ると、建築材料として非常に
  最適です。

2.日本の四季

日本の気候の特徴は、四季があり、夏と冬の温度差が
大きいことです。日本の気候を考えると、断熱性に優れ
た木は建築材料として大変優れています。

3.地震国日本

 
  日本は地震の多い国です。他の工法と比べて、木造軸
  組工法は建物を軽くすることができ、基礎設計をするう
  えで優位です。

4.海に囲まれている日本

四方を海に囲まれている日本では、沿岸部での塩害が
考えられます。
木は鉄や鉄筋コンクリートと違い、錆びることがないの
で塩害による強度の低下がありません。
 Vol.1 | Vol.2 | Vol.3 | Vol.4 | Vol.5 | Vol.6 | Vol.7 | Vol.8 | Vol.9 | Vol.10 |
株式会社今井住建
〒720-1131
福山市駅家町大字万能倉109-13
TEL.084-976-2653
FAX.084-976-2452
TOPへ戻る