本文へ移動

檜(ひのき)の家づくり 2

 Vol.1 | Vol.2 | Vol.3 | Vol.4 | Vol.5 | Vol.6 | Vol.7 | Vol.8 | Vol.9 | Vol.10 |

「木造住宅」を建てることは、街に森をつくることと同じこと・・・

木造住宅は炭素を固定し、解体された後はリサイクル材として使うことのできる、環境に
やさしく優れた住宅なのです。
「木造住宅」を建てることは、町に森をつくることと同じなのです・・・

1.炭素の固定

  木材は製材後は成長しませんが、都市に移動しても木造住
  宅や家具として、同じように炭素をストックします。この炭素
  固定量は、1棟の木造住宅(135m2)にすると、約6.75トン
  にもなります。これは「森林の約400m2」に相当します。「木
  造住宅を大切にすることは、森林を大切にするのと同じ」なの
  です。

2.木材はリサイクル材料

木材は「素材→角材→板材→削片(チップ)→繊維→燃料」と多段階
的な再利用が可能な材料です。
木造住宅は解体後もリサイクル材として使うことができます。そしてリ
サイクル後も姿かたちを変え、さらに数十年炭素固定し続けるのです。

3.森林資源は循環しています

  若い木はCOをたくさん吸収します。年をとり成長量が減少し
  た木はCOを吸収しなくなります。そこで、COをあまり吸収
  しなくなった人口造林を適切に伐って新しい木を植えることが
  必要です。日本の森林の場合、年間全体の約1.2%伐採さ
  れますが、成長によって約3.4%蓄積されますので、結果的
  に約2.2%ずつ増加していることになります。循環する限り、森林資源が枯渇する心配はないのです。

4.木造住宅が森林破壊を招くことはありません

建築用の木材は主に人工造林から作られます。「伐ったら植える」という原則を守る限り木材資源は循環していき、自然破壊を招くことはありません。
 Vol.1 | Vol.2 | Vol.3 | Vol.4 | Vol.5 | Vol.6 | Vol.7 | Vol.8 | Vol.9 | Vol.10 |
株式会社今井住建
〒720-1131
福山市駅家町大字万能倉109-13
TEL.084-976-2653
FAX.084-976-2452
TOPへ戻る